NHK特集「預金封鎖の真実」(2月18日)は非常にインパクトがありました。勇気ある記者が国に情報開示請求までして突き止めた真実ですから、富裕層・経営者に大変な話題になっています。
私へのお問い合わせが増えています。

NHK特集「預金封鎖の真実」より(2015年2月18日)

NHK預金封鎖大臣
















”渋沢氏が語った“財産税”とは? それは、国が戦争で重ねた膨大な借金の返済を国民に負わせる極めて異例の措置でした”


NHK預金封鎖
















”預金封鎖当時と、現在の比較”



たしかに、このテレビを見ると、「明日にでも預金封鎖されるかも」と慌てるのも分かります。

では、どうやって財産を守るのか。今からどう準備すればよいのか。
この問題については大手金融機関は答えてくれないでしょう。

その理由は、普通の大手銀行等の金融機関は、自社が国債を大量に保有しているため、
日本の財政破綻リスクについて言及したくないからです。
(それを言ってしまうと、自社の経営危機を公言するに等しく、お客様に心配されるので)


そうすると、何も語らない国内大手金融機関は信用できないからと、
ネットで不正確な情報を調べて、怪しい人に連れられて、
あわてて海外金融機関(オフショア)に財産を逃がそうとする人もいるかもしれません。
それを見て、週刊誌が「小金持ちが香港金融ツアーに殺到。バックに現金を詰め込んで」と煽ることでしょう。


ただ、海外投資を専門にして、オフショア投資もオンショア投資も両方アドバイスをしてきた実務家である
私の意見では、上記のような日本脱出的な対応は、財産保全という目的に照らした場合には、
今となっては実効性があまり無く、もっと冷静に現実的に考えた方がよいという意見です。
別に海外金融機関を使わずとも、日本にいたままでシンプルに対策はできます。

もし仮に、預金封鎖が起こるとしたら、現在の最新の状況分析からすると、海外金融機関(オフショア)にお金を逃がすことは、財産保全という観点からは、本質的では無いと見ています。当然、ハンドキャリーするのも意味がないと思っていますし、それは高いリスクを背負うことになります。

インパクトのあるNHKの報道がきっかけに、まさにこの日本の財政問題に対応し、かつ解決するために立ち上げたアブラハム・ウェルスマネジメント株式会社のオンライン入会が増えています。

私個人の見方ですが、総合的に考えると、大前研一氏等の識者が指摘するように「ハイパーインフレ」までは行く可能性は高いと見てますが、「預金封鎖」まで行く可能性は低いと考えています。

それでも、「そのリスクはゼロではない。だからやっぱり預金封鎖の対策がしたい」という方に対しては、仮に預金封鎖になった場合にでも、財産は保全されて、かつ、その場合には逆に自分の財産を増やせる手立てについてのアドバイスを差し上げています。

たとえば、「前回の預金封鎖では、銀行預金をしている人だけが財産を没収されて、株式投資をしている人は財産を守ることができた」という事実やそのメカニズム を説明させていただくなど。もちろんこれは第一回目の預金封鎖への対策で当時の事情を反映しているものです。第二回の預金封鎖への対策は、また別の方法で、現代の事情を反映したものになります。

詳しくは、アブラハム・ウェルスマネジメント公式HPの各種コンテンツでご説明していますが
冷静に合理的に、歴史と社会システムを分析にした上で、時代にあった一番合理的で現実的な手を打つべきだと考えています。