昨日は、FINTECと呼ばれる「金融×IT」のベンチャーのピッチイベントFIBC(金融イノベーションビジネスカンファレンス)に参加してきました。素晴らしいベンチャーの面白いプレゼンが沢山ありました。
FIBC-2015











英米ではFINTEC分野が非常に伸びているとのことで、日本でもこの分野の成長が期待されています。

ベンチャーといえば、今どきはスマホゲームの起業家が多いですが、

市場規模で考えると、スマホゲームの市場規模は0.2兆円。
モバイルサービス全体で5兆円、医療で8兆円。

これに比べて、個人金融サービスは15兆円。


どうせやるなら、大きな市場で勝負する方がダイナミックで面白いだけではなく、
ここに参入してくる起業家は少なく、「IT×金融」の領域は、実は狙い目です。

私は三井物産在籍時代とアブラハムグループ創業後で、
「IT×金融」の領域には合計16年ほど居させて頂いていて、実感しているのですが、

ITベンチャーの「トライ&エラー」なカルチャーと、
日本の金融業界の保守的なカラ―は真逆です。

仕事のスピードもコミュニケーション作法も違います。

であるからこそ、両方を楽しめる
「IT×金融」の領域に生息できる両生類は希少な存在といえます。

そもそも企業の存在価値は独自性に担保されるものでしょうし、
個人のキャリアとしても、独自性や希少性は高い市場価値があると思います。

そういうわけで、沢山の方がFINTEC分野に参入することで、
業界が活性化して欲しいと思います。