最近、証券会社の上場引受担当者と世間話をした時に、フィンテックに注目が集まっているという話題になった。一方で、日本ではただでさえ、ベンチャーが育ちにくいのに、既得権益の塊である金融業界で、ベンチャーが勝ち抜くのは大変だという話もベンチャーキャピタルからもよく聞く。

そのような中、投資家目線を貫いたサービスやスタートアップがいくつも立ち上がっていて、起業家界隈では熱気が高まっている。結局のところ、すべてを決定するのは、お客様。これ以外にない。

既存の金融業界にはあまり「顧客目線」「顧客の利益の重視」を本気で考える人が少ないので
そこに、新興ベンチャーの勝ち目があるのが現実だ。


私も、フィンテックサービスを提供するヘッジファンドダイレクトで、顧客目線でサービスを構築するために日々、努力している。

一番、難しいと思っているのは、金融理論や投資についての正しい事実について、個人投資家にわかりやすく伝えること。私の現状認識としては、個人投資家側に知識がないからこそ、大手金融機関が提供している「個人投資家に不利なサービス」に甘んじているように思う。

私なりに、日本の問題点と解決策を数枚にスライドでまとめてみた。

フィンテックの力で社会的課題を解決する/ヘッジファンドダイレクト株式会社

微力ながら、より良い社会つくりに貢献したい


東証