Social Good Foundaition CEO Soichiro Takaoka Message(English is in the second half of the page)

Social Good プロジェクトとは、「社会を良くする」をVisionとした、国家・人種・宗教・文化の違いを越えて、全世界の人が参画できるグローバルな活動である。

従来の資本主義構造では「株主(投資家)」と「消費者」と「社会」が分断されていた。世界の経済発展の果実を享受する者は、株主だけに偏っていた(トマ・ピケティ)。この問題を解決するのがSocial Good プロジェクトである。

Social Good プロジェクトは、仮想通貨SocialGoodを活用して、世界初の社会貢献型トークン・エコシステム(SocialGood エコシステム™)のグローバルな拡大を目指している。このAIとブロックチェーンを活用した自律分散型のSocialGood エコシステム™の中では、参画者は自分が好きなことをすればするほど、社会を今よりももっと良くすることができる。

SocialGoodを保有している者は、Social Good エコシステム™に参画する企業で買い物をするたびに、商品代金に対して何%かのキャッシュバックを自動的に得ることができる。同時に、キャッシュバックの一部はAIアルゴリズムにより、自動的に社会貢献団体に対する経済的な支援がグローバルに行われる。このエコシステムに外部から参画するメリットを与えて、エコシステムが自動的に成長するように、仮想通貨であるSocialGoodの資産価値が上昇していく期待が持てるように予め設計が施されている。

これによって、消費者・企業・社会の3者がWin-Win-Winとなる。この仕組みは、ブロックチェーン技術をベースとしたソフトウェア特許として日米に申請済みである。

Social Good エコシステム™は自動的に成長していく。個々の人々の欲望・自己実現に基づく経済活動が、結果的に共創的・協調的になり、エコシステム全体の発展、社会貢献の実現に自動的に結びつくのである。

(2) 機関投資家のESG投資によって、ビットコインを超える期待

仮想通貨であるSocialGoodのプレゼンスのマイルストーンとして、2020年時点でのビットコインの時価総額を超えることが期待できる(2018年3月4日時点で1,906億ドル、CoinMarketCap調べ)。その根拠は、既に仮想通貨SocialGoodを大手機関投資家が投資対象として検討している事実があるからである。

社会貢献エコシステムを支える仮想通貨であるSocialGoodは、大手機関投資家によるESG投資の対象(アセットクラス)となっている。ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもので、今、投資業界で注目されている。

元々は国連のコフィー・アナン事務総長の提唱したPRI「責任投資原則(Principles for ResponsibleInvestment)」がきっかけで誕生したものである。国連環境計画(UNEP)と国連グローバル・コンパクト(UNGC)が推進しているPRIには、すでに世界1,700社以上の機関投資家・運用会社などが自主的に署名している。

世界最大の年金基金である日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も署名している。SocialGoodがESG投資の対象となれば、SocialGoodのPriceに大きなインパクトを与えるだろう。

運用会社の世界上位500社の運用資産総額は81兆2,000億ドル(Willis Towers Watson調べ、2016年)である。

直接投資もしくはETF化により、仮に0.3%だけでもESG投資の観点から機関投資家の資金がSocialGoodに流れてくれば、ビットコインの時価総額(2,400億ドル、2017年12月)を超えることができる。機関投資家がポートフォリオの一部、オルタナティブ投資の一環としてSocialGoodを購入することは、将来十分に期待できるだろう。

詳細はSocialGoodホワイトペーパーを参照

(1)Global social contribution ecosystem

The Social Good Project is a global activity based on a vision of “improving society” that transcends
national, racial, religious, and cultural differences, and in which all people around the world can
participate.

The traditional capitalist structure is divided into “shareholders (investors),” “consumers,” and “society.”Shareholders alone enjoy most of the fruits of global economic development (Thomas Piketty). SocialGood is a project designed to solve this problem.

The Social Good Project targets global expansion of the world’s first social contribution token
ecosystem (Social Good Ecosystem™) using the SocialGood cryptocurrency.

The more participants do what they like within this autonomously distributed Social Good Ecosystem™, which utilizes AI and blockchains, the more they can improve society.

Each time holders of SocialGood purchase items from companies participating in the Social Good
Ecosystem™, they automatically receive a cash back payment of some percentage of the purchase price.

Simultaneously, an AI algorithm provides part of the cash back payment as economic support to organizations contributing to society globally.

The SocialGood cryptocurrency is designed such that its asset value is expected to increase, providing value for participating in the ecosystem from outside,so that the ecosystem will grow automatically. This provides a win-win-win for consumers, companies,and society.

Applications to patent this mechanism as software based on blockchain technology have already been submitted in Japan and the US.

The Social Good Ecosystem™ will grow automatically. Economic activities based on the desires and self-fulfillment of individuals eventually become co-creative and cooperative and are thus automatically tied to realizing the development and social contribution of the ecosystem as a whole.

(2) Expectation of surpassing Bitcoin through ESG investments by institutional investors

As a milestone of its presence, the SocialGood cryptocurrency can be expected to surpass Bitcoin’s
total market value by 2020 ($190.6 Billion as of March 4, 2018 according to CoinMarketCap).

This is because large institutional investors are already considering the SocialGood cryptocurrency as a target for investment.

The SocialGood cryptocurrency, which supports ecosystems that contribute to society, is a target (assetclass) of ESG investments by large institutional investors.

The acronym ESG is formed using the first letters of the words Environment, Social, and Governance
and is currently drawing the attention of the investment industry.

This attention was initially triggered by the “Principles for Responsible Investment (PRI)” proposed by Mr. Kofi Atta Annan, Secretary-General of the United Nations. Over 1,700 institutional investors and management companies worldwide have already voluntarily signed on to ESG investments under the PRI being promoted by the United Nations Environment Programme (UNEP) and the United Nations Global Compact (UNGC).

Japan’s Government Pension Investment Fund (GPIF), the world’s largest pension fund, has also signed on to ESG. If SocialGood becomes a target of ESG investments, that will likely have a significant impact on the SocialGood price.

The total assets under management by the top 500 largest management companies in the world are
$81.2 Trillion (according to Willis Towers Watson, 2016).

SocialGood could surpass the total market value of Bitcoin ($240 Billion as of December 2017) even
if, from the perspective of ESG investments, only 0.3% of institutional investor funds flow to it through direct investment or ETF conversion.

It is reasonable to expect institutional investors to purchase, as a
part of their portfolios, SocialGood as a portion of their alternative investments.

SGTOPface