暗号資産やブロックチェーンは、「価値のインターネット」と呼ばれている。
2019年12月9日のドイツ銀行のレポートによると、今年は暗号資産が登場して社会普及しだして8年目であり、インターネット時代で言えば、ちょうどアマゾンが産声を上げて2年目あたりが今である。
そこから7年後にFacebookが、そしてさらに4年後にiphoneが登場し、今のようにネットとリアルがある意味逆転したネット時代が完成した。


ドイツ銀行

奇遇なことに当社の創業も、アマゾンの創業と同じタイミングだった。

ジェフ・ベゾスがCNNニュースで、ネットで本を売れるなんて本気ですか?とキャスターに馬鹿にされていたまさにそのタイミングで参入したからこそ、アマゾンはワンクリック特許でビジネスモデル特許を取得できた。当社SocialGoodも同じように、暗号資産ポイント還元でビジネスモデル特許を取得できた。

SocialGoodは2019年は、大きく事業進捗した1年だった。アマゾン・アップル・アリババと提携してサービスをローンチしたり、日本版に向けて提携企業が800社を超えるなどなど。
2020年もイノベーションをおこし、成長していきたい。ブロックチェーン時代のアマゾンとして。

写真は記事から。
コインテレグラフ12月4日「高岡壮一郎社長が明かす暗号資産SocialGood購入メリットと社会的インパクト」

高岡壮一郎