高岡壮一郎の公式ブログ

東大⇒三井物産⇒起業でフィンテック業界で20年/Social Good (日本仮想通貨ビジネス協会正会員、米国SEC登録)/ヘッジファンドダイレクト(投資助言)創業,契約額累計928億円/「富裕層のNo.1投資戦略」(高岡壮一郎著)

タグ:社会的課題

あけましておめでとうございます。本年4日より業務開始しています。 昨年は「ヘッジファンドダイレクト」社長として書籍を出版したのを皮切りに、 ・顧客本位の業務運営に関する原則を採択として金融庁HPに掲載 ・「フィンテック/ブロックチェーン白書2017年版」に掲載 ・ ...

最近、証券会社の上場引受担当者と世間話をした時に、フィンテックに注目が集まっているという話題になった。一方で、日本ではただでさえ、ベンチャーが育ちにくいのに、既得権益の塊である金融業界で、ベンチャーが勝ち抜くのは大変だという話もベンチャーキャピタルからも ...

企画が回ってきたので書いてみました。 高岡壮一郎「三井物産1年生だったころ」(Wantedly) 三つ子の魂、百まで じゃないですが、社会人1年目は、その後のキャリアに影響をあたえている気がする。写真は、三井物産新卒募集パンフレット、そして起業1年目に掲載された ...

老人漂流社会団塊世代 しのび寄る“老後破産”(NHKスペシャル) 厚労省データを元にしたNHK試算によると、日本人の寿命は100歳となる。 その長い長い老後を毎月35万円(公益財団法人生命文化センター)で生活しようとすれば、 退職後の老後40年間の生活費で1億 ...

高分配型投信の9割が赤字 自分で資産運用をする暇が無い人は、専門家が運用をしてくれる投資信託を購入することで、資産運用をプロにアウトソースしている。個人投資家がファンドを選ぶ基準は「高い利回り」だ。そこで、日本の個人投資家は、高分配型投信に群がっている。 ...

このページのトップヘ

Copyright (c) 2005-2018 高岡壮一郎|Soichiro Takaoka All rights reserved.